Read Article

マリーゴールド

マリーゴールド

オススメポイント

やや肉厚でキク科独特の香りがします。花を一枚一枚取り外すと食べやすく、花の苦味を生かしてサラダのアクセントとしても重宝します。

 

名前・由来

キク科コウオウソウ属(マンジュギク属)のうち、草花として栽培される植物の総称です。「聖母マリアの黄金の花」という意味だそうです。

 

原産地

メキシコなど中米原産の植物です。

 

出荷可能時期

3月〜11月

 

花色

黄色、オレンジがあります。

 

花言葉

「信頼」「勇者」「生命の輝き」「変わらぬ愛」「濃厚な愛情」

 

特徴

花数も多く丈夫で栽培しやすいことから、長年園芸家に愛され続けている草花です。夏花壇における代表的な花の一つとして古くから不動の人気です。開花の時期は6月〜10月です。

 

 

IMG_7641

 

 

 

Return Top